スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年一年

もう二時間で今年も終わる。よく一年頑張ってきたと自分でも思う。
新しい部署での苦しい毎日、人間関係でのストレス。
仕事で余り愚痴を言わない自分が友達にいっぱい愚痴って怒られて
前向きに考えろって友達から背中押してもらった。

そして、母の入院、手術。まさかの出来事でした。

一年の間にこれでもかというくらいに荒波が押し寄せてきた。それも二時間で終わろうとしている。

来年はどんな年になるんだろうか。
スポンサーサイト

帰省

昨日子供が冬休みで帰ってきた。2週間の休みでこちらでバイトするのが3日。ほんの数日間だけの休み。
帰ってきて一番嬉しいのがおじいちゃん。普段は余り語る人でないが、子供が帰ってきて顔が笑っていつもより話をしていた。
一人家族が増えただけでこんなにも違うものかと思える。

子供がいない毎日は会話もなければ笑いもない。
また子供が大学にもどれば普通の生活に戻ってしまう。

黙りの生活に。

大雪

X'masも何も私にはない。子供がいないとこんなにも楽しみがなくなるものかと思う。
外は凄い雪。今晩は夜勤に入るのに、夜勤に行くときにはかなり積もっていそうだ。雪は本当に嫌だ。毎年、X'masイブは息子の誕生日とX'masが重なって賑やかな一時を過ごしていたのに、今年から家を離れた息子がいないだけで、家の中は人気もないくらいに静かだ。

街の賑やかさが逆に気持ちを悲しくさせる。

こんな毎日うんざりする。

メリークリスマス

X'masなのに普通の日と同じで何も変わらない。
日中は病室に太陽がさしこんでまぶしかったのに、夜になったら凄い雪になった。

見る見るうちにあたり一面真っ白になった。
ホワイトX'masかな。

一人寂しく家路に向かう。

悲しい

昨日、母が入院したことを子供にメールしたけど今日になっても何も言ってよこさなかった。
もう一度今日メールしたら、昨日飲み会だったからとの返事だった。

まだ、大学生に何を期待しているのかと言われるかもしれないが、身内の入院を聞かされたら1日おいても連絡してくるだろうと思う。

自分と母を重ねてみたら悲しくなってきた。
いくら子供を可愛がっても年とったらいらない者になる。

自分の子供に期待はしていないとはいえ、優しい心はあると思っていたが違った。

老いる事がどんなに辛いかを母を見てわかった気がする。

また入院

今日は母の県立病院の再来日。私も休みだったので一緒に先生の話を聞いてきた。

母は今日、先生に質問していくのだと頭の中に詰め込んできたようだ。内容を聞いて、
いろんな不安があった事を初めて知った。
明るく振る舞っていたが違った。

先生は母のたいした事のない質問に一つ一つ答えてくれていた。先生も大変だって思ったけどそれも診察なんだろうからと二人の会話を聞いていた。帰りに母が足を引きずっているのが気になり聞いたら病院に来るとき家の中で転倒したと。
歩けるから大丈夫と言うがかなり痛そうだった。
病院の外来は午前中で終わりなので個人の整形外科で診てもらったら案の定、膝から血液の浸出液が引かれた。転んだ時膝の中の血管がキレたらしい。歩行が出来ないのは当たり前だった。
即入院。
母はかなりショックで家族にまた迷惑をかけてしまうと。

何処の家庭でも年寄りなんてお荷物だろう。でも自分もいつかは年をとっていく。

母を見ていると考えさせられる。
自分も母の年になったら今の母のように生きていくのかと。

余りにも悲しすぎる。まだ手術して1ヶ月しかたっていないのにまた入院。

神様母は何か悪い事したのでしょうか。父の看病に人生の半分捧げた。
そんな母にこんな仕打ちはないと思う。

毎日

今日も終わる。

朝起きて病院にいって寝たきりの患者さんの世話をしてぐったりになって帰っていつしか眠りに入り途中で目が覚め明日の準備。

毎日がその繰り返しで一年が終わろうとしている。

なんのために毎日を送っているのかと思ってしまう。

音楽も耳障りで1日何も聴かない観ない日もある。

毎日ただ過ごしているだけ。

これでいいのかな。

母の姿

母が手術してから1ヶ月がたった。かなり激やせしてきた。食べられないと何回も電話があり昨日は病院で点滴をしてもらった。

病院は、食べられない位ではいくら入院希望してもさせてはくれない。
母は倦怠感がひどく、活気がでなくて生きたここちがしないとなげいてる。

病院の言う事も同じ医療者としてはわかるが患者の立場の言い分も分かるのでとても辛い。

入院は諦めて点滴を2本してもらった。その時だけよくなるけどまた同じかな。
食べたくないのに食べろと言われるのも辛いだろうけど、胃を広げるには食べないとダメなんだよね。それも母はわかっているはずだけど、身体が受け付けないのだからしょうがないかな。
術後が大変だって思っていたけど、やっぱり大変だなぁ。あんなに笑う母が笑わなくなったから。
そんな母を見てると可哀想でならない。

幸せ

この間知らない方からコメントもらった。幸せになってほしいと。
嬉しいコメントでした。

幸せ。
私の幸せはなんだろう。
今まで生きてきて幸せを感じた事は子供の成長をみる事だったかな。

今は子供も巣だってしまい、幸せってなんだろうって思う。

毎日仕事で疲れはて、身体が泣いても働いての繰り返し。

後の人生は誰もわからないけど平凡でいいから一緒に過ごしてくれる人と時を共にできたらって思う。

お互いに思いやりをもって年を重ねていきたい。一緒に手を繋ぎながら散歩したり、ベランダでお茶を飲んだりして過ごしたい。

それが私の思い描く幸せ。

夢で終わるかもしれない。
現実になるかもしれない。

それも人生だから。

知らない人から

誰だかわからないけどコメントを頂きました。
私にはX'masも行事はありません。仕事柄関係ないんです。

幸せってなんなんでしょうかね?コメントくれた方は幸せですか?

私に言わせてもらえれば、コメントくれた方に幸せになってほしいと思います。
またコメントしてください。
こんなブログですがね

今年も終わりに

もう12月に入り今年もあと半月で終わりになります。なんか今年はあまりいい年ではなかったかな。

地震に始まり子供の大学受験、自分の部署異動。

人間関係でも悩まされ、母の手術など悪い事ばかりでした。

いつも眉間にしわよせて働き笑った事もなかったかな。

こんな年も珍しいと思います。
それにしても一年早かったなぁ。自分の身体にむちうって働き、いったいこんな人生でいいのかなって思います。戻れない人生なら一握りの幸せ握りたいかな。

友達に

絶対の約束をした事は忘れていない。もちろん約束は果たしたいと思っている。

でも、この頃自分の身体があまりに疲れてぼろぼろになっていくのを見ると、約束していいのかなって思ってしまう。

友達として本当に私の事を思って言ってくれた事はとても嬉しく思っているけど、この先わからないから病気になってしまったらとか考えると約束果たせないように思ってしまう。

笑う

久々に飲み会で笑った
いつも病院の飲み会では自分を出せないところがあって中々楽しく酒を飲む事も出来ない。

今回の飲み会は、本当の友達だけが集まっての会だったから気をつかう事なく皆笑った
楽しいと思った飲み会は今年初めてかな。

笑いは薬とも言うが本当だと思った
次の日の気持ちのすっきり感が物語ってた

腹の底から笑える素晴らしさ自分で見つけないとね
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。