スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外食

昨日の夜、仕事帰りに子供からメールがきました。珍しく外食の誘いでした。
ここしばらく子供から外食したいなんて言葉も一緒にご飯さえ食べていなかったので、子供が食べたい焼肉屋に二人で行ってきました。

そこで、初めて進路について向き合って話をしたら、なんと子供は親の言ってる事を反対に受け止めていました。
顔をあわせて話すと感情的になると思いお互いメールのやりとりで進路の話をしていましたが、親としてはなんで子供が反発してくるのかわからず、子供はなんで自分の気持ちを親はわかってくれないんだと思っていましたが、話をしてみるとお互いの思いは同じでした。
子供は、自分が悪く受け止めたのを反省して、初めて、自分は目標があるから私立だけど行かせてもらえるかと聞いてきました。
母は、いつも応援しているといつも言っているのに、初めから入りたい学校に入れてあげる覚悟はしていたことを話ました。

子供は、ほっとした表情を見せて、なんで行きたくない国立に行けと言ったのかと、母は変わってしまったと思ってしまった事を正直に話してくれました。ここにくるまでいろいろあって結局、落ちても受けたかった国立をけって、別の国立の二次を受ける事になってしまった事は子供にとり悔いを残す事になってしまいましたが、自分が悪いんだからと心の整理をしていた子供を見て、人生の一番大切な話をメールでやりとりした母の責任でもある事を感じた一時でした。

今回の事に限らず自分がやりたい事には突き進む事は出来ますが、人から言われてやるのは、やる気も半分になります。
とことん話あってこそ答えはでるんだって今までの人生の中でわかっていたはずなのに、身近な子供にはそれが出来なかった事は母にも悔いが残ります。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。