スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熱帯魚

二年前から、子供が熱帯魚にはまり60センチ水槽にいろんな種類の熱帯魚を買って育てていました。
子供は買うばかりで結局私が水変えから、餌をやったり温度調整などすべてしてたんです。

子供に、生き物を買うなら自分が面倒見なければ死んでしまう事を何回も話して聞かせてもその時ばかりでやはり私が世話をするはめに。

その当時は、水槽には、水草から魚の数も多かったです。

しかし、私も仕事が忙しくなり、子供も世話をしないので、今は数も減り二匹になり、さらに一匹と。
でも、また買っても魚が可哀想で最後の一匹が死んだらもう水槽も片付けるつもりでした。

一匹でも生きている限り温度調整は同じ、水交換もです。

毎日、水槽を眺めては元気だなって思っていました。
それが、一週間前から姿が見えず最後の一匹も死んでしまったと思い水の循環スイッチを止めて休みの時に水槽を片付けるつもりでした。
60センチとはいえ水の量は半端ではありません。
水を捨てない限り持てない重さです。

二年間水の循環のチョロチョロという音に慣れていたのが、その音が聞こえない部屋の静けさはなんとも寂しい感じでした。
昨日、水槽を片付けようと何気なくガラスごしから中を覗くといたんです最後の一匹のネオンテトラが!

生きていたんです。
直ぐ、循環のスイッチと温度のスイッチを入れ餌をあげました。
本当に小さい体なんですよね。餌をあげたら直ぐに水面にきて食べる姿を見たら涙が止まりませんでした。

この数日間冷たい水に耐えて、汚い水にも耐えて生きていたんです。

たった一匹だけどやっぱり嬉しいでした。
こんな小さい魚だって一生懸命生きていると思ったら泣けずにいられませんでした。この一匹の為に今日も循環の水の音が聞こえています。
毎日、見守ってあげるからね…我が子のように。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

生き物の命、大切にしたいですね

よかったね生きてて
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。