スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

父の命日

10月18日は父の命日でした。仕事、いろんなゴタゴタがあり全く忘れていました。
母からの電話と、姪のブログで知りましたが結局いまだに御参りできていません。
今、自分がこんなに悩んでいるのをあの世で父はどんな風に見ているのか。
馬鹿な娘と思っているのか、母親ならそこを乗り越えろと励ましてくれているのか。どっちなんだろうか。
私が学生の頃を思い出しても、父に反抗した事はありませんでした。なかったと言うか無視していたのかもしれません。母には、反抗していたようなうすぼんやり記憶があるだけです。

今思えば、反抗してたかもしれませんが、それに対して怒られた記憶がありません。
親は我慢していたのでしょうか。その事に関して母にも聞いた事がありません。今回、息子の事でいろんな友達にアドバイスもらいました。でも、自分の親には相談できませんでした。
一番身近で人生の先輩であり、親なんですが聞けないんですよね。心配かけたくないのか、自分でもよくわかりません。

休みの日に父のお参りして、父の声を聞いてきたいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

婆さん結構天然だから

結構ドシッと構えてる気がする

間違ってることしないかぎり、姉さんは反抗期どころんねっけんねの

でも意外だっけ一番やんちゃだみたいな話が廻りから(○蔵さんやそのむすこさん)きけっだっけがら
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。